⚾️ 白球輝くスタジアムへ行こう! ⚾️

大好きな野球のあれこれと、日々のときめきを綴ります。

岡山春季大会、関西が制す!

5月4日、岡山大会の決勝戦

 

関西 000 300 002   5

倉商 010 000 002   3

f:id:supercatcher:20190506031400j:image

(写真は去年の秋季中国大会から)

 

関西高校が優勝しました。5年ぶり12度目です 😊

試合から1日経って、今その録画していたものを観ながらこのブログを書いています。

 

先制したのは倉商。

試合開始前、「動かしていく」と仰った倉商森光監督、有言実行。

上手なバントで得点します。

先発ピッチャー木村投手は、背番号が秋季大会の10から1へ。頑張られたのでしょうね。

どちらかというと、感情表現が激しい倉商の選手の中にあって、彼は穏やかで。応援したくなるピッチャー。

立ち上がりから安定したピッチングで、関西打線は様子見な感じ。

 

ですが、やはり今年の関西、打つんです ✊🏻

そして、ここぞという時に力を発揮できる...ここ数年みられなかった...あ!🤫

今日は5番以降下位打線が勇躍。

4回は5番から、ヒット、犠牲フライから、タイムリーが出ての得点。

9回の2得点も2アウトからの奪取。

良くやった!関西。

 

関西の先発ピッチャーは背番号6を背負う白井投手。

打順も3番を任され、チームの重責を担います。

解説の江浦氏(関西の総監督 😑)曰く、5回まで投げればいいんじゃない?と仰ってましたが、結局完投。

長イニング投げられるピッチャーの存在は、夏大会に向けて頼もしいですね。

2番手で投げられるかな?と思われていた赤穂投手は、外野の守備についてフル出場。打撃力を知らしめました。

関西は守備も上手。

練習試合でも堅守が光りましたが、決勝戦の失策は0。

ちなみに倉商は2。これは倉商らしくない。

 

KAN的残念だったのは1年生の時から注目している、関西の4番、岩本捕手のバットが湿った事。

そんな日も有る!とも思うけど...次は抜群のバッテイング力を観せてもらおう!

KAN的心配な事は、エース栗原投手を観られなかった事。

夏に間に合いますように。

 

という事で、6月1日から3日まで広島で行われる中国大会には、岡山からは関西高校1校が出場します。

また、6月8日、9日の2日間、岡山県北部のあるエイコンスタジアムのリニューアル記念として行われる、大阪桐蔭高校を招いての招待試合には、関西高校に加え、倉敷商業、倉敷工業と玉野光南高校の4校が出場します。

 

ちなみに県ベスト8は、上記、招待試合に出場する4校に続いて、

おかやま山陽

明誠学院

創志学園

玉島商業

この8校が選手権大会のシード権を得ました。

 

こうして夏のシード校も決まると、もう熱い夏の気配を感じずにはいられないKANでございます。